Twitter facebook Instagram YouTube

日大アメフト部・井上コーチ「ケガを目的とした指示はしておりません」反則行為の指示を改めて否定

スポーツ報知
謝罪する日大・内田正人前監督(右)と井上奨コーチ

 アメリカンフットボールの定期戦(6日)での悪質なタックルで関学大のQB(クオーターバック)を負傷させた問題で、日大の内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)コーチが23日、記者会見を行った。

 内田前監督と井上コーチは騒動を謝罪した上で、関学大の選手を危険なタックルで負傷させた日大3年のDL(ディフェンスライン)宮川泰介選手(20)への指示を改めて否定。反則行為については井上コーチが「私の未熟な指導で起こったことだと思っています」と謝罪し頭を下げた。

 22日の会見で宮川選手が監督、コーチから「QBを潰してこい」との指示があったと明言したことについては、井上コーチが「宮川選手にQBを倒してこいと言ったのは真実です」と話す一方で「ケガを目的とした指示はしておりません。思いっきり行けということです」と改めて反則行為の指示を否定した。

 日大は22日、アメリカンフットボール部の宮川選手の会見後にファクスでコメントを発表。「QBを潰せ」という言葉があったことは事実と認めたが、内田前監督の指示との見解は否定していた。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×