悪質タックル問題、加害者選手の親友が「日大アメフト部は壊せって言ったら、完全にケガをさせろっていう…高校3年生の時に相手の体の壊し方を教わった」

会見場へ入る日大アメフト部の宮川泰介部員
会見場へ入る日大アメフト部の宮川泰介部員

 23日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)でアメリカンフットボールの定期戦での悪質なタックルで、関学大のQB(クオーターバック)を負傷させた日大3年のDL(ディフェンスライン)宮川泰介選手(20)が22日、都内で記者会見したことを特集した。

 会見で当該プレーは内田正人前監督(62)らの指示に従って行ったことを説明した。6日に行われた試合の3日前から、内田前監督だけでなく井上奨(つとむ)コーチからも追い込まれていった様子を明かした。

 番組では、宮川選手の親友でかつて日大アメフト部に在籍していた同級生を取材。試合前日には井上コーチを通じ、内田前監督から「相手のQBを1プレー目で潰せば(試合に)出してやる」と伝えられたと説明。「潰せ」は「けがをさせろという意味」で捉えたとした。これに 日大は22日、会見後にファクスでコメントを発表。「QBを潰せ」という言葉があったことは事実と認めたが、内田正人前監督(62)の指示との見解は否定した。

 こうした状況に同級生の男性は「日大アメフト部は、そんな生やさしい教え方はしなくて。壊せって言ったら、完全にケガをさせろっていう。一時期、高校3年生の時に相手の体の壊し方を教わったことがあった」と明かした。

 番組は一方で現役コーチも取材し「感じ取り方だと思うんですよ。指示があったかなかったと言われたら、ないです」と断言していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請