日大・内田監督、アメフト監督辞任も大学常務理事の進退は「違う問題」“院政”否定

関西圏から帰京し、羽田空港で報道陣の取材に応じた日大アメフト部の内田監督
関西圏から帰京し、羽田空港で報道陣の取材に応じた日大アメフト部の内田監督

 アメリカンフットボールの定期戦(6日・東京)での日大選手による悪質タックルで関西学院大QB選手が負傷した問題で、日大・内田正人監督(62)が19日、兵庫・西宮市内で被害選手やその保護者、関学大関係者に直接謝罪した後、辞任を表明した。この日、騒動後初めて公の場に現れた同監督は大阪空港で報道陣に対応。「全て私の責任」と繰り返したが、自身による反則行為の指示があったかどうかは、明言を避けた。日大は24日までに文書で当該プレーに至った経緯や見解を回答し、それを受けて関学大も同問題で3度目の会見を行う。

 内田氏はこの日、羽田空港でも取材に応じ、常務理事や人事部長など日大での役職の進退を問われると「それは違う問題」と、現職にとどまる可能性を示しながらも、明言は避けた。反則を行った選手に関して「連盟の判断になるが、僕は本人に早く資格を回復していただいて、試合に出られる、練習に出られる立場にしていただきたいです」と話すと、報道陣から「ならば当該選手、部のためにも監督の指示があったのか、なかったのか言及すべきなのでは」と突っ込まれ、「それは調査がありますので…」と、言葉を濁すばかり。「“院政”を敷くのか」との質問には「まったくありません」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請