宮崎駿監督「俺らはあの時、精いっぱい生きたんだ」と号泣…高畑勲監督お別れ会

スポーツ報知
高畑勲監督お別れ会で涙ながらにお別れの言葉を伝えた宮崎駿監督

 4月5日に肺がんのため死去したアニメーション映画監督の高畑勲さん(享年82)のお別れ会が15日、東京・三鷹の森ジブリ美術館で営まれた。開会の辞は、宮崎駿監督(77)が読み上げ、「55年前のバス停で声をかけてくれたパクさんを忘れない」と涙で別れを告げた。

 盟友との別れに涙が止まらなかった。高畑監督と宮崎監督は日本のアニメ映画界を礎を築き上げた先人。84年には宮崎監督の映画「風の谷のナウシカ」をプロデュース。翌年、宮崎監督とスタジオジブリを設立し、二人三脚でヒット作を生み出した。

 盟友との別れを「ジブリとして盛大なお別れ会で送りたい」との思いで葬儀委員長を務めた宮崎監督。青やオレンジなど色とりどりの野花で囲まれた祭壇を前にさみしそうな様子。「初めて言葉を交わした日をよく覚えています。穏やかで賢そうな青年の顔を覚えています。あの時のパクさんの顔をありありと思い出せる」と振り返った。東映動画時代の思い出話しを事細やかに話し、「パクさんは仕事を成し遂げていた。僕はそれを支えたのだった」。何度も、何度も眼鏡をとって涙を拭い、「パクさん、俺らはあの時精いっぱい生きたんだ」と別れを惜しんだ。

 この他に久石譲氏(67)らが出席した。

 高畑監督は、東大仏文科卒業後の59年に東映動画に入社。同社で宮崎監督と出会い、組合活動を共にし親しくなった。アニメ制作会社に移籍しながら、70年代にはテレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」「赤毛のアン」などを演出。「―ハイジ」では「現地の人が見ても違和感がないものを」と、当時は異例の海外ロケハンを敢行。宮崎監督と違い自らは絵を描かないが、一貫してアニメーション表現の限界に挑み、日本のアニメを進化させてきた。

 88年には野坂昭如さんの小説「火垂るの墓」を自身の脚本、監督で映画化。戦争の悲惨さを語りながら、耐え難い人間関係から逃れた子どもたちのたどる結末を描き、人とのつながりが希薄になった現代社会に生きる人々に問いかけた。紅花の生産風景などを緻密に描写した「おもひでぽろぽろ」や、「平成狸合戦ぽんぽこ」などの監督作品は国内外で高く評価された。

 ◆高畑勲(たかはた・いさお)1935年10月29日、三重県生まれ。東大仏文科卒業後、東映動画に入社。68年に映画「太陽の王子 ホルスの大冒険」で長編監督デビュー。「母をたずねて三千里」の演出や映画「じゃりン子チエ」を監督。98年に紫綬褒章受章。2014年には仏アヌシー国際アニメーション映画祭で名誉賞。16年に米アニー賞でウインザー・マッケイ賞を受賞。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請