続木、3安打完封!日大国際が6季連続V…静岡学生野球リーグ

試合後、ナインに胴上げされる日大国際の大森主将
試合後、ナインに胴上げされる日大国際の大森主将
静大打線を3安打に抑え、12三振を奪って完封した日大国際の続木
静大打線を3安打に抑え、12三振を奪って完封した日大国際の続木

◆静岡学生野球春季リーグ最終日▽日大国際6―0静岡大(14日・清水庵原球場)

 雨で1日延びていたリーグ最終戦が行われ、日大国際が静大に連勝。12勝2敗で6季連続となる優勝を決めた。負ければ日大国際、静大、東海大海洋の3校が11勝3敗で並び、プレーオフにもつれるところだったが、日大国際が足を絡めて序盤に得点。最速148キロを誇る身長180センチの大型右腕・続木悠登(4年・横浜商科大高)が12三振を奪い、ライバルを3安打に抑えて完封した。

 最後の打者を空振り三振に仕留めても、喜びを表情に出さなかった続木は「ずっと気を張りつめて投げていたので、最後は終わったことに気がつかなかった」と苦笑い。ナインに胴上げされた大森賢将主将(4年・流経大柏高)は「連覇が続いていてプレッシャーがあった。苦しかった」と目を潤ませていた。

 日大国際は全日本大学野球選手権の切符をかけた東海選手権(26日・清水庵原球場)に出場する。

試合後、ナインに胴上げされる日大国際の大森主将
静大打線を3安打に抑え、12三振を奪って完封した日大国際の続木
すべての写真を見る 2枚

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請