キンタロー。欅坂46ものまねで炎上騒動を釈明「悪意なんて一切ない」事務所にも抗議

キンタロー。
キンタロー。

 タレントのキンタロー。(36)が14日、自身のブログを更新。11日放送のフジテレビ系「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」で人気アイドルグループ「欅坂46」のものまねを披露したことに、「謝罪してください」などの抗議が殺到し、ツイッターが炎上したことを受け、「悪意なんて一切ない」と釈明した。

 キンタロー。は「炎上とまらず…ついに…」のタイトルで記事をアップ。「金曜日のものまね紅白歌合戦で披露しました欅坂46さんのものまねの反響がすごすぎて…色々考えてました」と切り出した。

 「そもそもの私が皆様の前に登場できた時も大炎上しました。そうですAKB48の前田敦子さんものまねを披露した時です」とし、当時のブログも「かなり無法地帯と化して大変な事になったのを今でも覚えてます。私の携帯フリーズしましたから」と回想。現在のブログのコメント欄にも「実は承認されてないコメントが3000件以上寄せられてます 怖いよ~」と明かした。

 また「Twitterとかに直接罵詈雑言が届いてます」とし、「安心してください。ちゃんと届いてます。泣きながらみてます」と告白。さらに「ついに…事務所にまで、、、!!松竹芸能にまで怒りの連絡きてるみたいで ついに来るとこまで来てしまいました」とつづった。

 その上で「これだけは伝えたい 私は皆さんに喜んで頂きたく、楽しませたい思いからやってます」と主張。「今飛ぶ鳥を落とす勢いの欅坂46さんのものまね きっと沢山の方々が喜んでくれるだろうと」とし、「悪意なんて一切ないし見て頂けたらこの想いはきっと伝わるとそう信じてます」と訴えた。

 キンタロー。は得意のダンスと顔芸で「欅坂46」のものまねを披露。自身のツイッターには「馬鹿にしてんだろ」「欅坂46のみんなに謝罪してください。ふざけるにも程があります」「不快の塊」「もう二度とやらないで」などの抗議が殺到していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請