カンテレ・村西利恵アナが2度目の離婚…わずか9か月「結婚を何かの目的と間違えているのかも」

村西利恵アナ
村西利恵アナ

 大阪・カンテレの村西利恵アナウンサー(37)が2度目の離婚をしたことが分かった。12日深夜に放送された「アナウンサー物語24時 未公開大放出SP」(関西ローカル)の中で明かされた。

 村西アナは2010年に同局の同期と結婚したが、12年に離婚。その後、17年6月に一般男性と再婚したが、関係者によると、今年3月に離婚が成立。2度目の結婚はわずか9か月で終わったことになる。

 同番組は今年1月に収録され、2月に放送された特番の“お蔵入りシーン”を集めたもの。司会のカンニング竹山(47)と主要女性アナウンサーとの座談会で、「本日解禁です」のナレーションとともにテロップに「私 この度〇婚しました」。

 竹山に渡された村西アナの資料に「生きている間に何回結婚できるかチャレンジしている」と書かれていたことから、竹山が「意味が分かんない」と問い詰めると、村西アナは「1回目は終わらせてまして、去年の6月に結婚(再婚)したんですが…内容がヘビーなのでカメラの前では言えない感じ」と答えた。

 関係者によると、収録当時、離婚の話し合いが進んでいた。竹山が「(2度目の離婚へ)もめているってこと?」と突っ込むと「私としてはすごく頑張っているんですけど…なかなかヘビーなのでお察し下さい」。

 さらに、村西アナは「結婚を何かの目的と間違えているのかもしれないですね。30歳の時は早く結婚しないとヤバイとあせり、36歳で、親に孫の顔を見せたいという気持ちがあって。純粋にこの人が好きで結婚というのとは、毎回外れているのかも。孫は見せたいんですよ」と告白。ここで「村西アナ 私この度 離婚しました」とテロップで“バツ2”になったことが明かされた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請