巨人・宮国が感情むき出しで悔しがった1球 内海の「僕の責任」に「次は絶対抑えます」

失点したものの、リードを守った宮国をねぎらう内海(左=カメラ・矢口 亨)
失点したものの、リードを守った宮国をねぎらう内海(左=カメラ・矢口 亨)

 巨人・内海が10日の阪神戦(東京D)で今季初登板初先発し、初勝利を挙げた。ベテラン左腕の6回途中2失点の力投。4番・阿部の先制3ラン。1点リードの7回をピシャリと抑えた上原の熱投。様々なことがあったこの試合で、強く印象に残っているシーンがある。それは宮国の姿だ。

 この日の出番は3―0の6回1死一、三塁。先発・内海に代わって2番手でマウンドに上がった。最初の打者・ロサリオを内角速球で空振り三振。続く福留の打席の途中で二盗があり、2死二、三塁と局面が変わった。フルカウントから6球目。内角を狙ったパワーカーブ(高速カーブ)が中に入り、中前への2点適時打。内海の失点が「0」から「2」となった。後続を抑えて勝利投手の権利は守ったが、ベンチに戻ると、宮国は自分の太もものあたりを思い切りたたいた。普段はクールなイメージがある男が、感情をむき出しにして悔しがっていた。

 「内海さんにとって大事な試合ということは分かっていましたし、絶対にゼロで抑えようと思っていたので本当に悔しかったです。あそこで点を取られるか取られないかで試合の流れも全然違う。(福留へのカーブは低めのボール球で)次の糸原勝負でもいいと思っていたのですが、抜けてしまった。技術不足です」

 宮国がベンチに戻った時、真っ先に歩み寄ってきて「ごめんな」と声をかけてくれたのが内海だった。試合後、内海は「あれは僕の責任なので。そういうことを言いました」と話していたが、宮国はこの内海の気遣い、優しさに触れ、次への思いを強くしたという。

 「そういう言葉をかけていただいたのですが、自分は内海さんには甘えてばかりなので。あの言葉に甘えないで次は絶対抑えます」

 先発もリリーフもできるが、今季は11日現在リリーフとして11登板で防御率0・63。140キロ台後半の直球は威力があり、沢村、上原、マシソン、カミネロにつなぐ役割としてブルペンに欠かせない存在となっている。1月のハワイ自主トレではエース・菅野から技術、精神面など多くのことを学び、ステーキなどの「食トレ」で8キロ増量の93キロに。現在もトレーニングと意識的に食べることで90キロ以上をキープしているという。

 「ハワイで菅野さんにあれだけ食べさせてもらったので、継続していかないといけない。変わらないといけないと思っています」

 プロ8年目の26歳。宮国は今季にかける強い気持ちを胸に秘める。あの阪神戦。試合中にベンチで内海の横に座り、悔しそうな表情を崩さない姿からも、その思いが感じられた。

(記者コラム・片岡優帆)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請