稀勢の里、名古屋で進退 横綱ワースト7場所連続休場に横審「覚悟持て」

7場所連続となる夏場所の休場を決めた稀勢の里
7場所連続となる夏場所の休場を決めた稀勢の里
5場所以上連続で休場した横綱
5場所以上連続で休場した横綱

 大相撲の横綱・稀勢の里(31)=田子ノ浦=が進退をかけて名古屋場所(7月8日初日・ドルフィンズアリーナ)で再起を図ることになった。師匠の田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)が11日早朝、左大胸筋のけがによる夏場所(13日初日・両国国技館)の休場を発表。1958年の年6場所制以降の横綱では貴乃花(現親方)に並び最長の7場所連続休場で、横綱審議委員会(横審)の北村正任委員長(77)は「覚悟をもって次場所に備えて」と、進退を問うことを示唆した。また、貴乃花親方は治療への専念を勧めた。

 苦渋の決断をした稀勢の里は、東京・江戸川区の部屋には姿を現さなかった。けがで調整遅れは明らかだったが、綱の責任からまさにギリギリまで出場の可能性を模索。師匠との話し合いは10日夜も平行線で休場届提出のタイムリミットだった11日早朝、最後の最後で結論に至った。

 既に次の出場場所に進退をかけると明言している弟子を、万全で復帰させてやりたい一心だった。粘り強く休場を説得した田子ノ浦親方は、報道陣に説明する際、目に涙を浮かべた。「責任感の強い男。(朝まで)考えていたと思うが、最後は『はい、休場します』と。思うような相撲が取れず、本人に悔しい気持ちもある。横綱は強くなければいけない」と背中を押した。日本相撲協会には「左大胸筋痛」の診断書を提出。「(治療は)1か月です。激しい運動はダメ」。まずは完治最優先となる。

 2場所連続の負け越し(休場)で陥落する大関と違い、横綱は勝敗に関係なく、休んでもその地位は保証される。だからこそ、周囲から厳しく結果が求められる。横綱の7場所連続休場は02年名古屋場所の貴乃花以来、16年ぶりで最長タイ。7場所休場の前例から、“猶予”を与えていた横審だが、もし8場所連続となれば内規にある「激励」「注意」「引退勧告」のどれかを行う可能性も捨てきれない。横審・北村委員長は、3月の春場所後の会合では次に出場する場所で不成績なら「激励」などの決議を行う可能性があるとしていた。

 事実上、次の名古屋場所に進退をかけることになる。この日、北村委員長は「体調不十分であればやむを得ない。覚悟をもって次場所に備えてほしい」と厳しいコメントを残した。宮田亮平委員(文化庁長官)は「大事なのはけがを治すことではない。(他の横綱と)互角にやってもらいたい。優勝してほしいわけだから」と要望した。

 和製横綱は4月の春巡業中、先代師匠の故・鳴戸親方(元横綱・隆の里)の言葉も思い返していた。「稽古場で力が出せるか出せないかで、すべてが変わる―」。心技体を整える不退転の残り2か月。1分1秒たりとも無駄にはできない。(小沼 春彦)

7場所連続となる夏場所の休場を決めた稀勢の里
5場所以上連続で休場した横綱
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請