【RIZIN】女王・浅倉カンナ、判定で勝利…試合後、RENAがリマッチ要求

浅倉カンナ
浅倉カンナ

◆RIZIN.10 ▽第10試合・女子MMA(49kg) ○浅倉カンナ(判定3―0)メリッサ・カラジャニス●(6日・マリンメッセ福岡)

 女子スーパーアトム級GP王者の浅倉カンナ(20)=パラエストラ松戸=が、メリッサ・カラジャニス(30)=カナダ=に判定で勝利を収めた。

 浅倉は相手の打撃を見極め、百戦錬磨のタックルでテイクダウンを奪うと、チョークスリーパー、腕ひしぎ十字固めなどを繰り出すも決めきれず、判定勝利で女王初戦をものにした。

 試合後、昨年末の女子GP決勝で浅倉に敗れたRENA(26)=シーザージム=がリングに上がり「ワンマッチとして、浅倉カンナ選手とリマッチを実現させてください。7月29日2試合目でどうですか? 死にものぐるいで浅倉カンナを潰しに行きます。よろしくお願いします」と宣戦布告した。

 ◆浅倉 カンナ(あさくら かんな) 1997年10月12日、千葉県生まれ。幼い頃からレスリングを始め、高校時代に総合格闘技に転向。14年10月に17歳でプロデビュー。16年12月にRIZINデビューをし、17年12月女子スーパーアトム級GPで優勝候補のRENAに一本勝ちを納め、初のタイトルを獲得した。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請