長野智子キャスター、バブル期の古巣フジテレビは「考えるというイメージがない」

長野智子キャスター
長野智子キャスター

 フジテレビアナウンサーの島田彩夏(43)、元フジテレビで報道キャスターとして活躍している長野智子(55)とフリーアナウンサー・八木亜希子(52)が6日放送の同局系「ボクらの時代」(日曜・前7時)に出演。島田が先輩2人に、フジテレビの現状を相談した。

 島田が「バブル時代とか一番いい時代を経験してきた長野さんや八木さんは、外から今のフジテレビはどう見えますか?」と質問すると、長野は「メークさんと『今日はフジテレビだから、いつもより華やかにしようか』と相談してきた。今でも私たちはそんな感じ」と笑わせ、「私たちがいたバブルの時代と比べて、震災もあったり、社会が変わったり、時代の温度も変わったりする中で、華やかなフジテレビとちょっと距離感がある時代になってきたというのは感じる。でも、これからまた社会が変わっていったら違うかも知れない」と分析した。

 この意見に島田は「でもやっぱり視聴率が低いと現場のみんなが焦るというか、報道だけじゃなくどの番組でも…」と告白。長野は「予算が少なくなったりしてくると、それだけ取材に行く機会も減らされたりね」と同意し、「昔は長めのドキュメンタリーとか、長めの取材VTRとかがあったんだけど、今は長い時間視聴するというのが好まれなくなってきた。パッパッパッパとたくさんの情報やニュースを流していくという方が反応が良かったり。そこは難しいところだけど、気にしないで伝えるべきことを伝えるべきだという意見はもっともだと思う。これはジレンマ。やっぱり見ていただけるものを伝えないと数字(視聴率)は付いてこないので」と続けた。

 さらに島田が「一生懸命作っても数字が追いついてこないというのが続くと、考えてしまう」と難しい顔を見せると、長野は「考えるというイメージはフジテレビにはない。じっくり考えないで何でもやるっていう時代にしかいなかったから」と明かした。

 八木も「そんな人ばっかりだった」とうなずいた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請