【中日】松坂、4241日ぶり勝利「また小さい子に顔覚えられたい」…一問一答完全版(1)

ドアラから手荒い祝福を受け苦笑いの松坂
ドアラから手荒い祝福を受け苦笑いの松坂

◆中日3―1DeNA(30日・ナゴヤドーム)

 中日の松坂大輔投手(37)が6回3安打8四死球1失点の好投で、日本球界12年ぶりの白星をつかんだ。西武時代の06年9月19日のソフトバンク戦以来、4241日ぶりの勝利。日本での通算109勝目で日米合計165勝目となった。

 チームの連敗を4でストップ。対DeNAの開幕からの連敗も球団史上ワーストの5で止めた背番号99が喜びをかみ締めた。以下は一問一答。

 ―国内12年ぶり勝利。

 「チームが苦しいときに、これだけたくさんの人(3万6606人)が入って、久々の勝利を味わうことができた。本当に最高です。とにかく自分で連敗を止めてやろうという気持ちで、初回から飛ばしました」

 ―京田からウィニングボールを手渡された。

 「物に対して執着心はあまりないんですけど、きょうのウィニングボールは特別な物になりました」

 ―立ち上がりから飛ばした。

 「相手も強いですし、僕はとにかく連敗を止めてやろうという気持ちで、初回から飛ばしていきました」

 ―5回のピンチを1失点でしのいで続投した。

 「(2死満塁と)走者をためたところで宮崎君を迎え、最悪、ああいう形(押し出し四球)で仕方ない、最少失点で済むと思った」

 ―6回まで投げ抜いた。

 「5回を投げ終えた時点で監督から『もういいだろう。代わろう』と言われましたが、投げることしか考えてなかったです」

 ―投球数は114球。

 「前回(4月19日の阪神戦、7回4安打3四死球3失点)に比べて四球が非常に多くて(8四死球)、僕らしいと言えば僕らしい。チームが勝った。それが一番です」

 ―ピンチの場面で拍手が湧き起こった。

 「ピンチの場面で皆さんの応援が、ホント、最後の力を与えてくれました。チームも僕もまだまだ。きょうをきっかけにチームも僕ももっと上にいけるように頑張りたい」

 ―ファンにひと言。

 「年が近い人は僕のことを分かると思うが、小さな子は僕が誰だか知らないと思う。もっとヒーローインタビューやテレビに出て、また小さい子にも顔を覚えてもらえるように頑張ります」

 ―今後は。

 「間隔を詰めて投げていきたい。決めるのは監督ですが。理想としては1つでも多く勝てるようにしたい。僕が投げる試合にはたくさんの人に来てもらって本当に感謝しています。僕が投げる試合だけでなく、ほかの投手が投げる試合も来ていただきたいと思います(笑い)」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請