日テレ・桝アナ、“鬼教官”レジェンドアナの指摘に猛省「意識が足りない」

日テレ・桝太一アナ
日テレ・桝太一アナ

 日本テレビの桝太一アナウンサー(36)が、25日放送の同局「今夜くらべてみました」(水曜・後9時)に出演。元同局のレジェンドアナ石川牧子さん(68)にアナウンサーとしての改善すべき点を指摘され猛省した。

 石川アナは1970年に日本テレビに入社。33年間アナウンサーを務め、女性アナウンサーの草分け的存在に。その後人材育成に13年携わり、現在も司会業などを行っている。97年に在京テレビ局では初の女性アナウンス部長になった石川アナは、後輩への指導も厳しく“鬼教官”との異名も。

 桝アナへは「ちょっと早口なところがあります」と指摘。「超高齢化社会で、お年を召した方がいっぱい見ているから少しテンポを下げる場面があってもいいかな」とアドバイスを送った。

 日テレ学院時代に指導を受けたという桝アナは「昔から直らずに」と弁明。しかし、石川アナさんは「直さないんじゃない!」とピシャリ。桝アナは「そうですね。昔からいろんな先輩からご指導頂いたのにまだ直っていないというのは意識が足りないものだと思っております」と猛省していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請