ミャンマー出身の森崎ウィン、ベトナムで映画撮影「故郷に帰ってきた感覚」

映画「クジラの島の忘れもの」のプレミア上映会に出席した大野いと、森崎ウィン
映画「クジラの島の忘れもの」のプレミア上映会に出席した大野いと、森崎ウィン

 女優の大野いと(22)、音楽ユニット「PrizmaX」の森崎ウィン(27)が24日、映画「クジラの島の忘れもの」(5月12日公開、牧野裕二監督)のプレミア上映会に出席した。

 日本とベトナムの国交樹立45周年を記念した同作。阪神・淡路大震災で亡くなった母との思い出を求めて沖縄に移住した主人公・愛美(大野)が、ベトナム人研修生・コア(森崎)との出会いを通じて希望を取り戻していく物語。

 大野は、スティーブン・スピルバーグ監督(71)の映画「レディ・プレイヤー1」への出演で話題を集めている森崎を横目に、「森崎さんのお芝居に助けられて役にスッと入ることができた」。森崎も「いとちゃんにすごく助けてもらった。現場でストイックで、ステキな女優さんに会ってすごく勉強になった」と互いに感謝した。

 2人は撮影でベトナムを初訪問。ミャンマー出身の森崎は「勝手に親近感がわいたし、懐かしさを感じた。ミャンマーと違ってバイクが異常に多い。故郷に帰ったような感覚になりながら楽しめた」。大野は「カエルを食べて、チキンみたいな感じでおいしかった。ためらい? 撮影が楽しかったので、気持ちで食べた」と振り返った。

 森崎はベトナム語に挑戦。撮影の直前まで語学の先生に発音を教わり、「僕は耳が良くて、一発で『うまいね』と言われて。やっぱりセンスあるんだなと思いました」とニヤリ。大野が「私は何度も『違う』と指摘されて、難しい言語だった。森崎さんは耳が良いんですね」と褒めちぎり、森崎は「普段(音楽ユニットで)歌ってるので。歌もうまいんで!」とドヤ顔で語った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請