【巨人】ドラ1鍬原、公式戦デビューは4回1/3を3安打4失点も最速149キロで7奪三振

イースタンのロッテ戦に先発した鍬原。4回3分の1を4失点だった(カメラ・川口 浩)
イースタンのロッテ戦に先発した鍬原。4回3分の1を4失点だった(カメラ・川口 浩)

◆イースタン・リーグ 巨人―ロッテ(19日、ジャイアンツ)

 巨人のドラフト1位・鍬原拓也投手(22)が19日、イースタンリーグ・ロッテ戦(G球場)で公式戦デビューを果たした。

 初回、先頭から連打を浴び無死一、二塁。細谷の投ゴロを捕球したが、二塁へ悪送球。二塁走者が一気に生還し先制点を献上した。その後、見逃し三振に仕留めるが、死球を与えて1死満塁のピンチ。6番・ペゲーロに右中間への2点打を浴び、初回は3失点だった。

 2回以降は安打を許さず、3回は3番・細谷から4者連続三振で打ち取るなど、ロッテ打線を翻弄した。5回は先頭から2者連続四球を許し、無死一、二塁とすると、2番・高浜を犠打失敗に打ち取ったところで交代が告げられた。スタンドからは温かい拍手が送られた。

 上半身のコンディション不良から完全復活を目指し、1軍昇格を目指す右腕。公式戦デビューは4回1/3をプロ入り最多の91球、3安打4失点、7奪三振3四死球。最速149キロをマークし、夢の舞台へまた一歩、前進した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請