【関西学生】近大にも二刀流!谷川がリーグ戦初先発で初勝利 打っても2回にタイムリー

リーグ戦初先発初勝利を挙げた近大の谷川
リーグ戦初先発初勝利を挙げた近大の谷川

 ◆関西学生野球春季リーグ戦 ▽第2節 近大9―5関学大(18日・南港中央球場)

 第2節の2回戦1試合が行われ、2季ぶりの優勝を狙う近大が関学大を9―5で破り、2連勝で勝ち点1を獲得した。リーグ戦初先発の谷川刀麻(3年)が5失点しながらも5回2/3を投げ、リーグ戦初勝利を挙げた。打っても2回に左前適時打を放った。

 近大の二刀流が本格デビューした。石川・星稜高時代に最速148キロ右腕としてプロの注目を集め、大学では1年春から主軸を任された。「高校から(二刀流)でずっとやってきたので、大学でも続けたかった。大谷翔平選手が好きなので、影響は多少はあると思います」と、1年の冬に二刀流を直訴した。

 2年秋に2試合で各1イニングずつを投げただけだったが、この日は6回途中まで粘投した。17日の第1戦は「6番・右翼」で先発し、4打数2安打1打点。「(体力は)大丈夫です」と、第2戦は「7番・投手」でスタメン出場し、投打で活躍した。

 現在は野手6、投手4の割合で練習し、毎日投球練習もしているという。「上(プロ)では投手でやりたい」。大きな目標に向かって「投手・谷川」が進化を続ける。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請