【関西学生】近大・佐藤、満弾!3安打5打点

満塁本塁打を含む3安打5打点と活躍した近大の佐藤
満塁本塁打を含む3安打5打点と活躍した近大の佐藤

◆関西学生野球 ▽1回戦 近大10―7関学大(17日、南港中央)

 第2節の1回戦1試合が行われ、2季ぶりの優勝を狙う近大が10―7で関学大を破り、今季初戦で先勝した。4番の佐藤輝明(2年)が3回に適時三塁打、4回に右翼へ特大の満塁本塁打を放つなど、3安打5打点と活躍した。リーグ史上2人目のサイクル安打は逃したものの、“糸井2世”がスカウト陣に強烈なインパクトを与えた。

 プロ顔負けの弾道だ。5―1の4回1死満塁、近大・佐藤が右翼へ特大のグランドスラムをかっ飛ばした。「自分でも納得できる打撃」。1年春から名門の主軸を務めるスラッガーが、大学通算3号をマークした。2回は左前安打、3回は右翼へ適時三塁打を放ち、二塁打が出ればリーグ史上2人目のサイクル安打。「(サイクル安打は)ちょっと頭にあった」。残り2打席凡退で快挙は逃したが、3安打5打点でチームの初戦白星に貢献した。

 この日はエース左腕・小寺兼功(4年)を視察するため、8球団14人のスカウトが集結。その中で佐藤が強烈なインパクトを残した。阪神の畑山チーフスカウトは「大学(近大)時代の糸井と双璧。負けないぐらいの飛距離がある」と絶賛。「スローイングがいい。外野もできる」と守備面も評価した。打って守れる三塁手。2020年ドラフトの1位候補に浮上してきた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請