山陽オート・第24回平成チャンピオンカップ(G1)3日目

 3日目・13日は5~8Rで「準々決勝戦B」、9R以降で「準々決勝戦A」が争われた。

 12Rを2番手から抜け出したのは長田恭徳(23)だった。地元の成長株が早めに抜け出して、堂々とベスト32入りを果たした。4日目・14日は9~12Rで「準決勝戦」が行われ、ファイナリスト8名が決定する。好天が続いたここまでの3日間とはうって変わり、天候が下降する予報が出ている。変化する走路状態にどう対応するかが勝負のポイントとなりそうだ。

 出走表、成績、払い戻し金などはスポーツ報知紙面にてご確認ください。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請