山陽オート・第24回平成チャンピオンカップ(G1)2日目“支部長殿、連勝ゴールです、吉松憲治”

初日に続いて白星を量産した吉松憲治
初日に続いて白星を量産した吉松憲治

 山陽選手会支部長がまたも魅せた。12Rは0メートルハンデラインから単騎で逃げた吉松憲治が力強く周回を消費。終始、リードを保ったまま堂々と連勝ゴールをマークした。「もっと早く落合君が来ると思って走っていましたが、立ち上がりが掛かって直線が行ってくれました。エンジンは特別どこがいいというところはないんですが、ブレーキが利きます。3日目も似たような天候なら今回と似た状態で挑みます」

 ていねいなコース取りには金山周平も感心の様子で「これぞまさに基本走行ですね。養成所で教えてもらう走りです」。ちなみに支部長を務める吉松は、山陽の記念レース表彰式には、プレゼンター役でVを決めた選手へ賞状を手渡している。もしも、支部長が優勝を飾ったら、ご自身で賞状を読み上げて、受け取るのでしょうか。

 出走表、成績、払い戻し金などはスポーツ報知紙面にてご確認ください。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請