【東都】東洋大151キロ右腕・上茶谷、16K開幕完封

公式戦初白星の東洋大・杉本監督(左)はリーグ戦初勝利の上茶谷をたたえる
公式戦初白星の東洋大・杉本監督(左)はリーグ戦初勝利の上茶谷をたたえる

◆東都大学野球第1週第1日 東洋大9―0中大(9日・神宮)

 春季リーグ戦が開幕し、3連覇を狙う東洋大はリーグ戦初先発の151キロ右腕・上茶谷(かみちゃたに)大河(4年)が16奪三振、6安打完封でリーグ初勝利。日米15球団60人以上のスカウトの前で力投を披露し、今秋ドラフト上位候補に急浮上した。2月に就任した杉本泰彦監督(58)は初采配白星。5季ぶりに1部復帰の駒大は立正大に快勝した。

 上茶谷が最高の先発デビューを飾った。今秋ドラフト上位候補の153キロ右腕・梅津晃大(4年)を差し置いて開幕投手に起用されると、最速147キロの力強い直球にスプリット、スライダーを交え16K。「初回から全力でいった結果。勝ててよかったです」。昨秋まで未勝利もプロ志望で、中日・中田アマスカウトディレクターは「強いボールを低めに集められる。十分、上位候補に入る」と明言。クローザーを務める今秋ドラフト1位候補の157キロ右腕・甲斐野央(ひろし、4年)は出番がなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請