YOSHIKI「hideは空から『まだまだ』と言ってるはず」5月2日没後20年

hideさんとの思い出を明かしたX JAPANのYOSHIKI(カメラ・頓所 美代子)
hideさんとの思い出を明かしたX JAPANのYOSHIKI(カメラ・頓所 美代子)
「hideの魂と世界を目指す」と語ったYOSHIKI
「hideの魂と世界を目指す」と語ったYOSHIKI
公私ともにhideさんを支えていた松本裕士さん
公私ともにhideさんを支えていた松本裕士さん

 1998年に亡くなったロックバンド「X JAPAN」のギタリスト・hideさん(享年33)が、5月2日に没後20年を迎える。今月末からトリビュートライブ、CD、ドキュメンタリー映画など功績を振り返る企画が展開される。hideさんを同バンドに引き入れたリーダー・YOSHIKIが単独インタビューに応じ、「hideの魂とともにこれからも世界を目指す」と語った。hideさんの実弟で当時マネジャーだった松本裕士(ひろし)さん(50)にも故人の素顔を聞いた。(星野 浩司)

 20年前。YOSHIKIは米ロサンゼルスでhideさんの訃報を聞いた。

 「車を運転してスタジオに向かっている時、スタッフから電話をもらいました。途方に暮れて、毎日通ってる道を迷ってしまった。死を信じたくなかったけど、翌日に日本へ帰国する飛行機の中でニュースを見て絶望しました。空港からhideの元へ直行して対面して、何度も体を揺すって起こそうとしました」

 5月6、7日に東京・築地本願寺で葬儀が営まれた。遺体が運ばれて5日間で約7万5000人が訪れ、7日の告別式はファンの列が同寺から隅田川沿いに約2キロも続いた。熱狂的ファンの後追い自殺とみられる騒ぎが続き、YOSHIKIがやめるよう呼び掛けた。

 「自分たちよりファンの方々が心配で、彼らを勇気づけたい気持ちが強くて会見で『僕らと一緒に乗り越えて』と話しました。告別式では(洗脳騒動で脱退した)Toshlも含めてみんなで『Forever Love』を演奏したけど、ああいう場で歌いたくなかった。つらかったです」

 86年頃、別バンド「サーベルタイガー」で活動していたhideさんが横浜でXのライブに訪れ、初対面。すぐに意気投合した。

 「最初は『ライブで生肉を食べる変な奴』という印象だったけど、仲良くなったら『心優しい超いい奴』でした。Xに引き抜きたくてサーベルのライブに行って、打ち上げで『hide、Xに入れ!』と叫びましたね。その後、サーベルは解散してhideは美容師を目指したけど、まだギターを続けたい気持ちがあったようで(87年2月に)Xに入ってくれました」

 ギターの腕前は天才的だった上、常にバンド全体を冷静に見守る存在だった。

 「歌うギターを弾く、センスのかたまりでした。特にXの初バラード曲『Endless Rain』はhideのアルペジオやギターソロが光ってた。バンドの全体像を一番よく見てて、『好きにやればいい。あとは俺が何とかする』という言葉に支えられました。僕はどんどん突っ込む長男、hideは後ろから支える母親、TAIJIは弟。Toshlは親戚のお兄さん、PATAは叔父さんみたいな感じかな(笑い)」

 気配り上手な一面もあったhideさん。バンド活動はもちろん、私生活でも仲が良い親友だった。

 「僕が不器用で魚の骨がうまく取れないと言ってたら、『ちょっと貸せ』って言って丁寧に取ってくれたんです。バンドじゃない時でもよく遊んでて、デビュー当時は2人で東京ディズニーランドに行ったこともありますよ。派手に化粧して丸一日楽しんで、ミッキーマウスより僕らが目立っちゃいましたね」

 1997年のXの解散ライブ。hideさんとのラストステージとなった。

 「(脱退する)Toshlと最後のライブで僕はやりたくなかった。でも、hideの『Xに終止符を打とう』という言葉に背中を押されてやることを決めました。よくリハーサルなしであんなライブをやったなと。あの時はToshlの件や解散の時だったのでみんな精いっぱいでした」

 翌年、hideさんはソロ活動に励んだ一方で、誰よりXの復活を夢見ていた。

 「2000年をめどに新しいボーカルを据えて、新しいXを作ろう。世界に向かっていこうと2人で話してた矢先の死でした。直後に1曲だけ作った曲が『Without you』。数年後(07年)にToshlが訪ねてきてこの曲を歌ったこともあって、翌年の再結成につながったんです。hideが2人を会わせてくれたと思ってます」

 X JAPANは14年の米マディソン・スクエア・ガーデン、昨年の英ウェンブリーアリーナ公演など海外でも活躍。hideさんがギターを弾く映像を流すなど、ともにステージに立ち続けている。

 「hideは空から『まだまだじゃない』と言ってるはず。Xが世界に向かって頑張るほど、彼の偉大さが世界に伝わるんじゃないかな。hideが抱いてた夢、魂とともにこれからも走っていきたい」

 ◆hide(ヒデ)本名・松本秀人(ひでと) 1964年12月13日、神奈川・横須賀市生まれ。ハリウッド美容専門学校上級コースを修了後、ロックバンド「サーベルタイガー」を経て、87年にX(現・X JAPAN)に加入。93年にソロデビュー。95年ソロで全国ツアー開催。97年末にバンド解散後、98年1月ソロプロジェクト「hide with Spread Beaver」を発足。5月に死去後も「ピンクスパイダー」などがヒット。2010年の十三回忌法要(築地本願寺)には3万5000人が献花に訪れた。

 ◆「心優しい兄だった」実弟・松本裕士さん明かす

 兄・hideさんのマネジャーを94年から約4年間務め、現在はhideさんのマネジメント事務所社長の松本裕士さんは「真面目で物静かで、心優しい兄だった」と振り返る。

 20年前の5月2日。泥酔したhideさんを松本さんが早朝4時頃に自宅に送り届けた数時間後、呼吸停止状態で発見された。「兄弟というより、側近として家まで送ったのは僕なので責任は感じてます」。築地本願寺での葬儀でとどろいたファンの悲鳴を思い返し、「あの顔を笑顔に変えなきゃいけないと思い続けて20年やってきた」。2000年に横須賀市で記念館を建設するなど尽力した。

 97年のX JAPANの解散ライブは、hideさんとYOSHIKIが相談して一日だけの公演を決めた。「ライブ後に舞台裏に来ると、hideが『もう一日やりたい』と。彼は本当にXを愛してた。2000年までに新しいXを作るんだと話してました」

 天才的なギターで魅了した兄を「練習で100%やって、本番で遊ぶ。裏の努力は惜しまなかった」と裕士さん。「hideが世界で成功する姿を見たかった。YOSHIKIさんがその思いを背負って進んでくれて本当にありがたいです」

 ◆hideさん没後20年の主なプロジェクト

 ▼献花式(5月2日) 川崎・クラブチッタで午後1時開始。

 ▼ライブ(28、29日。東京・お台場野外ステージ) hide with Spread Beaver、PATA(X JAPAN)、布袋寅泰、BUCK―TICKらが出演。会場内にhideさんが所有した高級車を展示。

 ▼浮世絵「hide 桜の景」 The Rolling Stonesとのコラボで話題を呼んだ浮世絵木版画シリーズの新作。数量限定で発売中。

 ▼書籍「君のいない世界 ~hideと過ごした2486日間の軌跡~」(28日発売) hideさんの盟友で「hide with Spread Beaver」のI.N.A.が初めて思いをつづった。

 ▼メモリアルBOX(5月2日発売) 98年4月に米ロサンゼルスで収録された「hideのオールナイトニッポンR」の全4回分の音声などを収録。CD6枚、DVD1枚、書籍2冊の完全生産。

 ▼ドキュメンタリー映画「HURRY GO ROUND」(5月26日公開) 俳優・矢本悠馬がナビゲーターとして、hideさんのお墓や生まれ育った横須賀、亡くなる3か月前に過ごした米ロサンゼルスなどを巡る。

hideさんとの思い出を明かしたX JAPANのYOSHIKI(カメラ・頓所 美代子)
「hideの魂と世界を目指す」と語ったYOSHIKI
公私ともにhideさんを支えていた松本裕士さん
すべての写真を見る 3枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請