【広島】連勝は4でストップ プロ初登板初先発の高橋昂が4回8安打5失点

プロ初登板初先発の高橋昂は4回5失点で降板した
プロ初登板初先発の高橋昂は4回5失点で降板した

◆ヤクルト8―5広島(4日・神宮)

 広島は開幕からの連勝が4で止まったものの、底力は見せつけた。プロ初登板初先発の高橋昂が4回8安打5失点と崩れて、打線も5回までノーヒットだった。

 だが、6回に爆発した。先頭・磯村が左翼席に今季1号を放り込むと、1死から菊池のヒットと丸の四球で作った一、二塁のチャンスでエルドレッドが右翼ポール直撃の3号3ラン。続く松山も右翼席に今季1号を放ち、一度は試合を振りだしに戻した。

 口火を切った磯村は「とにかく初球から積極的に振っていこうと思っていた。自分のスイングでしっかり振り抜くことができた」と振り返った。エルドレッドも「強引にならず、うまく上からたたくことができたよ」と手応えを口にした。

 プロ野球史上初となる開幕から5試合連続逆転勝利は達成できなかったが、今季も赤ヘルの不屈の粘りは健在だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請