【ヤクルト】樹理、ホーム開幕戦で6回途中6失点「守り切れず申し訳ない」自責は2

6回1死一塁、マウンドを降りる原(カメラ・中島 傑)
6回1死一塁、マウンドを降りる原(カメラ・中島 傑)

◆ヤクルト―広島(3日・神宮)

 ヤクルト・原樹理投手(24)が、ホーム開幕戦で6回途中6失点(自責点2)で降板した。

 2年ぶりの開幕ローテ入り。今季初登板は立ち上がりから制球に苦しみ、初回に2点を失った。2回以降は立て直したが、1点リードの6回に2与四球に守備の乱れも重なって逆転を許し「野手の方に逆転してもらったのに守りきれなかったので申し訳ないです」と悔しがった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請