【清水】白崎があす札幌戦で今季公式戦初先発も

アップ中、清水と体をぶつけ合う白崎(左)
アップ中、清水と体をぶつけ合う白崎(左)

 J1清水エスパルスは4日にルヴァン杯で札幌と対戦(午後7時、アイスタ)する。3日は三保で非公開調整。故障で出遅れていたMF白崎凌兵(25)が、今季公式戦初先発する可能性が高まった。

 背番号10が意地を見せる。練習後、報道陣の取材に応じた白崎は「(リーグ戦に)出てないメンバーが勢いを付けるのが大事。ギラギラしたものを出していく」と誓った。今季は右内転筋肉離れなど3度の故障離脱を経験。3月31日のリーグ横浜M戦で途中出場したが、これが今季初の公式戦だった。

 ヤン・ヨンソン監督(57)は起用法について「中(ボランチ)もあるし、サイドMF、FWの下がり目の位置でもプレーできる。彼の能力を引き出すため、色々な使い方ができる」とコメント。いずれにしろ得点に直結する働きが求められるのは間違いない。白崎も「自分の良さを出して貢献できれば」とうなずいた。

 ボランチで出場することになれば、12年に清水で同僚だった元日本代表MF小野とマッチアップする可能性も。山梨学院大付高時代、複数クラブからオファーを受けながら「伸二さんがいたからエスパルスを選んだという面もある」と話すほど尊敬するレジェンド。「対峙(たいじ)することになれば楽しみ」と笑みを浮かべた。

 ルヴァン杯はここまで1勝1敗でB組の2位。背番号10の一撃がチームに勢いをもたらす。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請