【巨人】ドラ3大城とドラ5田中俊、2者連続プロ初打席初安打

7回2死一、二塁、陽の中前適時打で生還した田中俊
7回2死一、二塁、陽の中前適時打で生還した田中俊
7回2死一塁、大城がプロ初安打となる右前安打
7回2死一塁、大城がプロ初安打となる右前安打

◆巨人1―5阪神(30日・東京ドーム)

 巨人のドラフト3位・大城とドラフト5位・田中俊が7回2死から代打で登場し、2者連続でプロ初打席初安打を放った。

 ルーキーが開幕戦で「奮輝」した。0―5の7回2死。まずは田中俊だ。この日2安打の小林に代わり、プロ公式戦で初打席に立った。マウンドには、阪神・メッセンジャー。広島でプレーする兄・広輔と兄弟プロ野球選手になった期待の新人は、カウント2ボール2ストライクからの5球目の内角低めフォークを引っかけたが、俊足を生かして二塁内野安打とした。記念のボールは、すぐに巨人ベンチへと渡された。

 すると、先発・菅野の代打で起用された大城が続いた。メッセンジャーの初球を右前に運んで、2死一、二塁と好機を作った。

 ルーキーの2者連続プロ初打席初安打に、ようやくG党が沸き返った。二塁に進んだ田中俊は、陽の中前適時打で生還し、プロ初得点も記録した。

 大城はそのままマスクを被り、8回は高木、9回は谷岡をリードした。9回2死に回ってきた第2打席では、二ゴロで最後の打者となった。試合は敗れたが、ルーキーたちにとっては、大きな1試合となった。

7回2死一、二塁、陽の中前適時打で生還した田中俊
7回2死一塁、大城がプロ初安打となる右前安打
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請