朝比奈沙羅、東海大柔道部退部して「パーク24」に所属「覚悟を決めて選んだ道」

 昨年の柔道世界選手権女子78キロ超級銀メダルの朝比奈沙羅(21)=写真=が28日、都内で会見し、4月から実業団のパーク24に所属すると発表した。東海大3年の朝比奈は、昨年9月末に学業や国際大会への調整を優先するため柔道部を退部。柔道界では大学生が実業団に所属するのは異例で「結果を残さなければいけない立場。覚悟を決めてこの道を選んだ」と説明した。

 背景には、夢への準備がある。現役引退後は整形外科医を目指し、医学部を受験する意向。その考えを尊重するパーク24から勉学も勤務とみなす契約社員として遠征費などのサポートを受け、これまで通り東海大の男子の練習などに参加。卒業後は予備校に通うプランもあるという。「海外では五輪メダリストで弁護士やドクターになる選手がすごく多い。日本は制度的にも難しいが、自分が先駆けとなりたい」と決意を語った。(林 直史)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請