年寄会、貴乃花親方に厳罰要求へ 「解雇」相当、「契約解除」の声も

貴乃花親方
貴乃花親方

 日本相撲協会の役員以外の親方で構成される年寄会が28日に臨時年寄総会を開き、その後、貴乃花親方(45)=元横綱=へ「降格」以上の厳罰を求める意見書を執行部に提出する動きがあることが27日、分かった。年寄会は、春場所中に無断欠勤を重ね、8日目(18日)に弟子の十両・貴公俊(たかよしとし、20)の暴行が発覚するなどした同親方を問題視。臨時総会では降格のほか、「解雇」に相当する「契約解除」など厳しい処分を求める声が上がる見込み。

 年寄総会は本来、理事会での決定事項を受けて親方衆に報告する場。今回はその逆で、親方衆の要望を理事会に上げる異例の形になりそうだ。協会関係者によると、臨時総会では問題行動を繰り返した貴乃花親方から説明を求めた後、意見をまとめて会長の錦戸親方(元関脇・水戸泉)が執行部に提出。親方衆の総意として、処分が下される29日の理事会で議題に上げることを要望するという。

 総会では年寄会の各一門の代表が重複を避けるために質問を厳選するが、厳罰を要求する考えは既に共通している。複数の親方は「減俸、出場停止などの期間限定ではない処分が必要」と口をそろえ、懲罰規定の「降格」以上を求める見込みだ。1月の理事解任で役員待遇委員に2階級降格。また、2月の理事選で落選したことで慣例的にさらに1階級下の委員になる見通し。さらに今回、降格となれば主任や平年寄への格下げという可能性も出てきた。一部親方からは解雇に相当する「契約解除」を要求する声が出る見通しという。

 9日の年寄総会で貴乃花親方に事情を聞くはずだったが、同親方は欠席。その日夜、弟子の十両・貴ノ岩が被害者となった元横綱・日馬富士関の暴行問題を巡る協会の対応を問題視して内閣府に告発状を提出した。その後に起きた貴公俊の暴行問題の責任を重く受け止め告発状を取り下げる意向を示したものの、親方衆の不信感はぬぐえないままだ。

 役員以外の親方による年寄会では、協会に無許可のテレビ番組出演で協会批判をしたことなどを問題視。当初は臨時年寄会への出席を求めたが、八角理事長(元横綱・北勝海)らと協議の末、全親方で構成される年寄総会に拡大して28日に実施することになった。出席を了承した貴乃花親方は春場所中、「話し合いの場に? そうなるといい。誤解を解く? おっしゃる通りです」と友好的な解決を望んでいたが、厳しい質問にさらされることは必至だ。

 ◆委員、主任、年寄になると 給料が役員待遇委員の月額126万9000円(副理事相当)から委員で23万7000円、主任で39万4000円、年寄で46万1000円下がる。部屋経営は可能で、本場所中は階級にかかわらず業務遂行のために会場に出勤する義務がある。例外はあるが審判、監察は委員以上が務める。また横綱経験者は引退後に委員(待遇)からスタート。親方衆が担当する入場受付は横綱経験者はやらない慣例もある。

 ◆年寄会 日本相撲協会の役員以外の親方衆で構成された組織。現会長は錦戸親方(元関脇・水戸泉)で、2014年から務める。意見を集めるために6つある各一門から代表者も選ばれている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請