顔面粉砕骨折の椿隆之、加害者に激怒「態度が完全に開き直った感じになっている」

スポーツ報知
椿隆之

 26日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)に2016年11月に路上トラブルになった男性にゴルフクラブで殴打され、左ほお骨粉砕骨折、鼻骨骨折など全治半年の重傷を負った俳優・椿隆之(35)がVTR出演。誠意の見えない加害者への怒りをぶちまけた。

 今月、ブログで「態度が非常に悪いようで」と加害者への怒りを表明した椿。この日の番組でも「傷はメイクでなんとか隠れるものの、写真とかの仕事では修整を入れないと目立つ感じ。心は折れてしまっている感じが続いてます」と、まず話した。

 その上で「被告人は正当防衛を主張してます。早く自分の非を認めて裁判を終わらせて欲しい。弁護士や警察から毎日のようにかかってくる電話が耐えられなくて…。その電話を聞くたびにその時の記憶が呼び戻されてしまうんです」と続けた。

 刑事裁判では懲役3年、執行猶予5年の判決が出たと言うが、椿が求めているのは手術費用、治療費、慰謝料を求めての民事裁判。民事でも訴訟を起こそうとしているが、問題なのが加害者男性の態度。「取りあえず、今、お金がないから(裁判を起こすのを)待って下さい」と言ってきたというが、「弁護士に聞いたら、相手の態度が完全に開き直っている感じになっているということです。そもそも最初の裁判の時も大股広げて、あっけらかんとしていましたし」と怒りを露わにした。

 「民事裁判を起こすことについて、相手方に話し合いを求めていますが、それにさえ応じない。民事裁判起こすのは簡単で勝訴も確実なんですけど、相手が出廷しなかったりの態度を見せた場合、費用ばかりがかさんで、裁判を続けられない可能性がある。泣き寝入りするしかない可能性もあるんです」と話し、「泣き寝入りって言葉を身近に感じてます。こういうことを世間に訴えていかないといけない。情報発信しないといけないといけない」と椿は訴えた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請