宇野昌磨、右足の痛みに耐え銀メダル「最後まで諦めずに持ちこたえた」

◆フィギュアスケート世界選手権 第3日(23日、イタリア・ミラノ)

 【ミラノ(イタリア)24日=高木恵】男子は平昌五輪銀メダルでショートプログラム(SP)5位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=がフリー2位の179・51点、合計273・77点で2大会連続の銀メダルを獲得した。SP11位の友野一希(19)=同大=は自己ベストを24・18点更新する256・11点で5位と健闘。23日の女子フリーは樋口新葉(17)=東京・日本橋女学館高=が銀、宮原知子(19)=関大=が銅メダルを獲得。日本女子のダブル表彰台は安藤美姫が初優勝し、浅田真央が2位に入った07年大会以来11年ぶり。男女とも来年の世界選手権で最大となる3枠の出場枠を確保した。

 肩で息をする宇野の頬を、涙が伝った。右足の痛みに耐え、滑り切った。「悔しい、悲しい気持ちもあったけど、2年前よりは成長した。やることはやったし、あれ以上できる気はしない」。4回転で3度の転倒がありながら上位も崩れ、銀メダルをつかみとった。

 SPは構成難度を落としたが、フリーは本来の3種類4本の4回転を選んだ。転んでも立ち上がり、また挑んだ。「グダグダに見えるかもしれないけど、僕なりに最後まで諦めずに持ちこたえた」。イタリアのプッチニーのオペラ「トゥーランドット」の曲に乗り、迎えたクライマックス。魂の滑りに、満席の会場から「ブラボー」の大合唱が送られた。

 20日に右足甲に歩けないほどの激痛が走った。痛み止めの注射を打ち、SPは5位。前日23日から回復に向かい、この日は注射も打たず氷上に。「針とか注射とか、僕、ほんっとうに大嫌いで。そのために治したといっても過言じゃないです」。“注射回避”への執念が、痛みを軽減させた。

 平昌五輪後に替えた靴が合わず、練習量も増えた。それでも開幕前に言った。「努力は必ず報われるとは思っていない。ただ、うそはつかないとは思っている」。練習に明け暮れ、臨んだ初出場の16年世界選手権で7位に沈み、悟った。練習の虫は努力をやめず、様々な経験を重ね、強くなった。

 平昌五輪金メダルの羽生結弦(23)不在の中、3枠を死守。5位と大健闘した後輩を「3枠は友野くんのおかげ。『ありがとう』の気持ち」とたたえたが、エースの重責を果たす主要国際大会5大会連続の2位。来季こそ、頂点をつかむ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請