宇野昌磨、公式練習に参加「調子をあげることで精いっぱい」

 フィギュアスケートの世界選手権は21日にイタリア・ミラノで開幕する。平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は20日、公式練習に参加。4回転フリップに苦戦し「見ての通りです。今は頑張るという気持ちしか何もない」と苦笑いだった。

 平昌五輪後にスケート靴を変えた。五輪期間中に「内側に靴が倒れるなあ」と気にはなっていた。長くはきすぎた靴が柔らかくなっていることが原因だと五輪後に気づいた。なかなかしっくりはまらず「調整ミス」と口にした。22日のSPまでに、なんとかアジャストさせていく。

 今大会は羽生結弦(23)=ANA=、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、パトリック・チャン(カナダ)といった過去7年の世界チャンピオンが不在。「グランプリシリーズみたいな感じ。五輪後だからみんな落ち着いている」と、今大会の雰囲気を評した。

 優勝候補の筆頭として注目を集めているが「今はそういうことを考える余裕がない。調子をあげることで精いっぱい。見られていようが見られていなかろうが、それどころじゃない」と独自の表現で場を和ませた。ネーサン・チェン(米国)、金博洋(中国)との三つ巴の争いを制し、高橋大輔、羽生に続く日本男子3人目の世界王者を目指す。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請