馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

【阪神大賞典】断然人気のクリンチャーはかかって3着 武豊「次は巻き返したい」

岩田騎乗のレインボーライン(左端)が、直線抜け出す。 外から差したサトノクロニクル(右端)が2着。 人気を集めたクリンチャー(右から3頭目)は3着に敗退
岩田騎乗のレインボーライン(左端)が、直線抜け出す。 外から差したサトノクロニクル(右端)が2着。 人気を集めたクリンチャー(右から3頭目)は3着に敗退

◆第66回阪神大賞典・G2(3月18日、阪神競馬場・芝3000メートル、良)

 3番人気のレインボーライン(牡5歳、父ステイゴールド=栗東・浅見秀一厩舎)が岩田康誠騎手を背に勝ち、天皇賞・春への優先出走権を獲得した。2周目3角を回って中団からじわじわと進出を開始し、直線を向くと外から力強い伸び脚を繰り出しての完勝だった。重賞Vは2016年2月のアーリントンC・G3以来で2勝目。

 1馬身1/4差の2着には4番人気のサトノクロニクル(川田将雅騎手騎乗)が入った。

 単勝1・9倍の1番人気に推されたクリンチャー(武豊騎手騎乗)は3着だった。

 武豊騎手(クリンチャー=3着)「1周目の3、4角で馬が(最後の直線を迎えたと)間違えてかかってしまった。(2周目の)3コーナーでは手応えが悪かったのによく伸びた。次は巻き返したい」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請