ガダルカナル・タカ、独立するたけしは「相当なお金を残してくれた」

ビートたけし(左)とガダルカナル・タカ
ビートたけし(左)とガダルカナル・タカ

 16日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)にタレントのガダルカナル・タカ(61)が生出演。師匠・ビートたけし(71)のオフィス北野退社やその経緯について語った。

 たけし軍団のタカは、たけしの独立話は「すでに数年前からあった」と打ち明けて、「忙しすぎて一緒に飲んだときに体調を崩したことがあった。『師匠、もうそろそろ仕事を減らした方が良いんじゃないですか』と言うことがあった」と振り返った。

 たけしは独立後の事務所に軍団を連れて行こうとしたという。しかしタカは「我々の方からたけしさんにお願いして離れることにした。軍団がついて行ってしまうと今までと同じになってしまうから、我々は残ります」と断ったことを明かした。

 タカは、たけしは自分が抜けた後の軍団とオフィス北野を心配して、株を処分したり退職金などを残すなど相当な額の資金を事務所に残したことも告白。「これで俺がいなくてもやっていけるよねということで。かなり、びっくりするくらいのお金を残してくれているので、運転資金としては心配することがない状況です」と話した。

 「俺たちももっと状況的に考えてあげる事も出来たはず、もうちょっとつらいとかきついとか思うことに時間を割けば良かった」とタカ。独立を決めたたけしが「今、夢中になっているのは小説をたくさん書くこと」と話し、映画についても「どういうモチベーションでいたのか分からないけど、映画のこともそうですし事務所のことも森社長と方向性が違ってきた事も感じていた」と説明した。

 MCの宮根誠司キャスター(54)から「たけしさんから卒業証書を渡された気分なのかな」と聞かれた、タカは「それはもうもらってもすぐ返しますから。いらない、いらないって返します」とスタジオを笑わせた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請