シングルマザー決意の浜田ブリトニー、子宮の病気になって出産を決意

浜田ブリトニー
浜田ブリトニー

 先月のイベントで妊娠8カ月であることを発表した漫画家でタレントの浜田ブリトニー(38)が7日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)に出演し、出産を間近に控えた心境を明かした。

 浜田は、結婚せずシングルマザーになることを明かしている。「葛藤は毎日のようにあります。シングルマザーでいいのか。結婚した方がいいのか」と浜田。お腹にいる子供の父親と出会ったのは数年前で友人の紹介で知り合った年下の男性だという。交際後、すぐに同棲しお互いに結婚を強く意識していたという。

 浜田は「どうせ結婚するから、いつできてもいいやと思っていて。将来的に子供を作りたかったら高齢出産の域になっているので、できるタイミングでできたらいいなと思った。それで気持ちが先行した」と明かした。そんな中、待望の子供が授かったが「相手の男性も結婚しようと言っていたんですが、破局してしまいました。仕事の時間が忙しいという中でじゃぁ結婚はどうするんだっていう話しとお互いすれ違いが起きて、あんまり話し合いができなかったのかもしれない」と昨年秋に別れた理由を告白した。

 シングルマザーになる決意は「去年の6月に子宮の病気になったんですよ。子宮頸部高度異形成っていう病気になって。次のステージになったら子宮がんになるステージになっちゃって。危ないところだったんです」と明かした。手術は成功したが「すごく不安で1か月後に手術の結果が出るんですけど、このまま子供作れないんじゃないかなと思ったり」と不安を抱え「子宮頸部高度異形成が回復した時に本当に運がよく授かった子供なので、望んでできた子供なので大事にしたいなと思いました」と「自分の幸せより未婚の分、相手がいない分、子供は幸せにしていくってすごく大変なことだと思うので、人の2倍は愛情を注がないといけないし2倍はお仕事も頑張らないといけないし、だから1人で2人分頑張らなきゃいけない」と誓っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請