【ロッテ】井口監督がオープン戦初戦で初勝利

試合前、清宮(左)から挨拶を受ける井口監督
試合前、清宮(左)から挨拶を受ける井口監督

◆オープン戦 日本ハム6―8ロッテ(3日・札幌ドーム)

 井口ロッテがオープン戦初戦を白星で飾った。先発・涌井が2回を完全投球で流れを呼び込んだ。両軍無得点の4回に1番・荻野が四球を選び出塁すると、続くドラフト2位・藤岡の初球にスタートを切り二盗を成功させると、藤岡の右前打で先制のホームを踏んだ。この回3点を奪ったが、2番手・ボルシンガーが2回5安打3四死球5失点の大乱調で逆転を許した。

 しかし、5回に再び打線が勢い付く。1死から荻野が右前打で出塁すると、藤岡が右翼線への二塁打を放った。送球間に藤岡は三塁まで進みチャンスを広げ、中村の中犠飛であっさりと同点に追いついた。

 藤岡は7回にも右前打を放ち、3安打2得点の活躍を見せた。

 5―5の8回には2死一、三塁のチャンスで途中出場の大木が決勝の右前適時打を放った。さらに9回には中村のオープン戦1号となる2ランが飛び出した。

 9回に阿部が1点を失うも逃げ切った。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請