【富山】浮氣監督、J3開幕へ手応え「よりダイナミックなサッカーができる」

練習中に指示を出す富山・浮氣監督(中央)
練習中に指示を出す富山・浮氣監督(中央)

 J3カターレ富山は2日、開幕戦となる11日のアウェー・琉球戦に向け、富山市内で約2時間、全体練習を行った。

 チームは先月、20日間の高知キャンプで鍛え抜いた。今季、新加入選手は14人で、既存選手の12人を上回る。2年目の指揮を執る浮氣哲郎監督(46)は「半数以上が新入団で、キャンプではチームになるというのが大事だったが、キャンプでチームは一つになった。チームでやろうとしていることも進んでいる。一人一人が高い意識を持って、ミーティングにも参加してくれた」と、振り返った。

 今季の目標はJ3優勝とJ2昇格。昨季J3藤枝で12ゴールを決めたFW遠藤敬佑(28)ら攻撃的な選手も加入し「よりダイナミックなサッカーができる」と指揮官。開幕戦に向け、「すごく明るいチーム。みんなが声を出しながらやって、求めていたチームになってきている。楽しみしかないです」と手応えを口にした。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請