伊調馨パワハラ問題、告発状を提出の弁護士が「グッディ」に新証言…伊調が「次の大会を負けようかな」と苦悩していた

栄氏と伊調
栄氏と伊調

 2日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)でレスリング女子で五輪4連覇を達成した伊調馨(33)=ALSOK=が日本協会の栄和人強化本部長(57)からパワーハラスメントを繰り返し受けたとする告発状を内閣府に提出した問題について特集した。

 告発状について伊調は1日、所属先を通じて「告発状については一切関わっておりません」とのコメントを発表した。パワハラとされる事実の有無については言及せず「しかるべき機関から正式に問い合わせがあった場合は、ご説明することも検討したい」「レスリングに携わる者として、レスリング競技の普及発展を常に考えております」とした。

 番組では告発状を提出した貞友義典弁護士を直撃。伊調のコメントについて告発状にかかわっていないことは「間違いありません。伊調姉妹については告発に関して一切、かかわっていません。伊調選手がさらに不利益な扱いを受けたら東京五輪どころではなくなってしまう。伊調さんとは一言も話しをしていませんし、電話もしていません」と明言していた。

 貞友弁護士は、伊調を指導していた田南部力コーチ(42)が「協会からかなりひどいパワハラがある仕打ちがある中で、伊調さんが、私が次の大会で負ければそういうことが終わるのかなと、次の大会で私は負けようかと思っているとほのめかすわけです」とも証言。その上で田南部氏が「伊調さんからそれを言われた。とても辛い思いだった。で、私はそんなことすべきではない。自分のことは心配するな。立ち向かえというふうに励ましたとおっしゃっていました」と明かしていたことを話していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請