馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 小倉 札幌

【報知杯弥生賞】最多7勝“弥生賞男”武豊騎手、ジャンダルムで3強撃破だ

武豊はジャンダルムとのコンビで報知杯弥生賞8勝目に挑む
武豊はジャンダルムとのコンビで報知杯弥生賞8勝目に挑む

◆第55回報知杯弥生賞・G2(3月4日・芝2000メートル、中山競馬場)

 皐月賞トライアルの第55回報知杯弥生賞・G2(4日、中山=3着まで優先出走権)の出走馬が1日、確定した。史上最多7勝を挙げる“弥生賞男”の武豊は、ジャンダルムで参戦。“3強”といわれる2歳王者ダノンプレミアムなど強敵が相手だが、「この馬も素質は相当」と意気込み十分だ。

 ジャンダルムと臨む出世レースに、武豊が意欲を燃やす。「次に期待をもっていけるようなレースをしたいね」。クラシックに直結する前哨戦だけに、名手の言葉が自然と熱を帯びる。

 誰よりも勝ち方を知っている。過去7勝は、3勝で2位の福永らを大きく離すトップ。その内訳も3冠馬ディープインパクト(05年)をはじめダンスインザダーク(96年)、スペシャルウィーク(98年)、アドマイヤムーン(06年)、ヴィクトワールピサ(10年)とのちのG1馬がそろい、レースの重みも理解している。「結果次第では、主役で本番に向かうことにもなるからね」

 デビュー当初から能力を高く評価。水曜の最終追い切りにもまたがり、好感触を得た。「いい動きだった。改めて、いい馬だなと思う。乗り味がすごくいいし、きれいな走りをする。いいメンバーがそろったけど、この馬も素質は相当あると思っている」。2歳王者ダノンプレミアムや無敗のオブセッション、ワグネリアンなどを相手にしても期待の大きさは変わらない。

 先週の阪急杯では、7番人気の伏兵ダイアナヘイローで勝利。引退する福島信晴元調教師に最後の重賞勝利を贈り、千両役者ぶりを発揮した。戸崎と並ぶ今年最多の重賞3勝目を手に、勢いをつけて今週のG2に向かう。「前走(ホープフルS2着)で負けはしたけど、内容的には立派な競馬だった。中山2000メートルも経験している。ポテンシャルは高く、楽しみ」とユタカ。強敵をねじ伏せて、スターダムに押し上げる。(宮崎 尚行)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請