【侍ジャパン】小林ら28選手が2時間練習…稲葉監督「目標は東京五輪で金メダル」

キャッチボールする小林
キャッチボールする小林

 「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」のオーストラリア戦(3月3日・ナゴヤD、同4日・京セラD)に臨む侍ジャパンが1日、ナゴヤ球場で全体練習初日を行った。風の影響などもありノックや打撃練習は室内練習場で行われたが、全28選手が約2時間、汗を流した。

 フリー打撃では小林、甲斐、田村を相手に投手役を務めるなど、初日から精力的に動いた稲葉監督は「目標は2020年の東京五輪での金メダル。侍ジャパンの一員としての誇りを胸にシーズンを含めてこれからやっていってほしいと伝えました」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請