【DeNA】岡村球団社長「横浜の象徴と感じて」改修中の横浜スタジアムを報道陣に公開

改修で広くなった横浜スタジアムのベンチ
改修で広くなった横浜スタジアムのベンチ

 DeNAは1日、2020年東京五輪の野球・ソフトボール主会場となり改修を進めている横浜スタジアムを報道陣に公開した。

 今回の改修では人工芝を張り替え、東京五輪へ向け安全面を考慮し内野エリアに約5メートルのネットを設置した。また、座性のカラーを3年かけ「横浜ブルー」に統一。さらにダグアウト、カメラマンエリアを拡張した。

 取材に応じた岡村球団社長は「安全、安心をより重視していきたい」とネット設置の理由を説明。また「横浜の象徴としてパリの凱旋門、ローマのコロッセオと同様に横浜の象徴と感じていただければ」と話した。

 三上選手会長は「ベンチが広くなることにより、リラックス効果が得られ、また以前よりもグラウンドにせり出した作りになり、選手全員が試合に集中して臨むことができると思います。また、人工芝につきましても機能性にすぐれ、今まで以上にアグレッシブなプレーをファンの皆様に見ていただき、喜んで頂ければうれしいです」とコメントした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請