【巨人】坂本、最終奥義は“究極の脱力守備”

キャンプの特守でノックを受けた際の坂本
キャンプの特守でノックを受けた際の坂本

 巨人の坂本勇人内野手(29)が、“究極の脱力”習得に挑む。2年連続ゴールデン・グラブ賞と守備力も球界トップレベルに上り詰めたが、最終奥義ともいえるグラブさばきを身につけ、さらなる高みを目指す。

 現役時代に7度のゴールデン・グラブ賞を獲得した井端内野守備走塁コーチによれば、守備の最終段階は大きく分けて3つ。あらゆるバウンドに動きを合わせられること。次が、捕球直前のイレギュラーバウンドを、体勢を崩しながらでも捕れること。そして最後が、同じく不測のバウンドに対して脱力できること。これをマスターすれば、「守備への不安はほぼゼロになる」という。

 キャンプ中からこの特訓に取り組んできた坂本勇は「とっさの時は力むから難しい」と言いながらも「(脱力の)イメージはなんとなくある」と手応えはつかみつつある。実戦の打球を受けること以上の訓練はなく、オープン戦が本格化する3月が勝負だ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請