【広島】チケット転売対策に四苦八苦…プレミア化で先行販売の段階から完売続出 

昨年、満員のマツダスタジアムでジェット風船をあげる広島ファン
昨年、満員のマツダスタジアムでジェット風船をあげる広島ファン
一般発売を前に売り切れ席が続出している広島のチケット
一般発売を前に売り切れ席が続出している広島のチケット

 リーグ3連覇に挑む広島の今季主催試合のチケットが3月1日に発売される。すでに先行販売の段階で売り切れ席が続出しており、入手困難に拍車がかかっている。オークションサイトで定価の数倍で入場券が取引されることが恒例になった空前のカープ人気。球団が頭を悩ませているチケット問題の裏側に迫った。

 マツダスタジアムの外周は異様な空気が漂っていた。1日の入場券一般発売を控え、2月28日の整理券配布には2600人のファンが行列をなしていた。広島・鈴木清明球団本部長は「たくさんの方がチケットを購入してくださるのは本当にありがたい。ただ、できれば満遍なく、いろんな方に球場に来ていただきたい」と複雑な表情を浮かべた。

 入場券のプレミアム化が顕著になったのは2015年だ。黒田、新井が復帰し、赤ヘル人気に拍車がかかった。入手困難となり、オークションサイトなどで高額取引されるのが恒例となった。16年の日本シリーズ、昨年のCSなどは定価の10倍以上の値段がついた。

 球団が頭を抱えるのは、転売目的と思われる業者などの存在だ。昨年のチケット発売時には、数十試合に及ぶ入場券を一度に注文する購入者が現れた。「窓口でのやり取りは1人で1時間以上にも及んだようです」と関係者。そうした買い占め対策として、球団は今季から1人あたり5試合までの購入とする制限をかけざるをえなかった。

 ファンの急激な増加は他にも波紋を呼んでいる。通常席のチケットが購入できず、三塁側ビジター応援席のチケットで入場して、内野1階席後方のコンコースで立ち見する観客が急増した。一部にはゴザを持ち込み、車いす席を占領する集団も出たという。今季はDeNA、中日、ヤクルト戦のビジター席を区切り、両チームのファンが座れる一般席として販売。コイ党の座席を少しでも多く確保することで、ニーズに応えようとしている。

 1950年の球団創設以来、資金難から幾度となく経営危機に立たされてきた。存続のために球団、市民が一体となって、球場前に「たる募金」を設置したのも有名な話だ。旧広島市民球場時代の晩年は閑古鳥が鳴く日が多かった。球団職員が地元の有力企業に頭を下げ、年間席の購入を懇願してきた。

 鈴木球団本部長は「これまでカープを支えてもらったファン、企業の方々をなるべく大切にしたい」という思いの一方で「何でもかんでも転売を規制するわけにはいかない。県外から来る知人のために、チケットを購入するファンもいる」と取り締まりの難しさを明かした。黄金時代が到来した今こそ、モラルが問われている。(表 洋介)

 ◆人気興行の現状と対策

 ▼プロ野球 阪神は昨季主催72試合で12球団トップの303万4626人を動員。ファンクラブ用優先チケットに番号を入れたり、オークションサイトを定期的に監視し、場合によっては警告や次年度以降の解約対応を取っている。巨人では球場内で転売の注意喚起を促すアナウンスを行っている。

 ▼大相撲 昨年は21年ぶりに年6場所90日間すべて満員御礼に。前売り券の発売当日はネットで先に売り切れ、窓口に並んでも買えない事態となった。場所中、両国国技館では毎日400枚程度の当日券を用意。今後、日本相撲協会では転売防止に着手する意向。

 ▼宝塚歌劇団 昨年の全公演動員数が4年連続で約270万人を記録。入手しにくい特等「SS席」を今月の公演から、発券や「宝塚友の会」会員カード認識を公演当日のみに完全に移行。転売サイトを巡回し、友の会会員とみられる出品者に警告文を出すなどの対応を続けている。

昨年、満員のマツダスタジアムでジェット風船をあげる広島ファン
一般発売を前に売り切れ席が続出している広島のチケット
すべての写真を見る 2枚

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請