馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神 函館

【チューリップ賞】2歳女王ラッキーライラック、軽く仕掛けて3馬身先着

僚馬を突き放したラッキーライラックは3馬身先着
僚馬を突き放したラッキーライラックは3馬身先着

◆チューリップ賞追い切り(2月28日・栗東トレセン)

 昨年の2歳女王ラッキーライラックが28日、復帰戦となるチューリップ賞・G2(3月3日、阪神)の最終追い切りを栗東・CWコースで行った。

 ナンヨープルートー(4歳1600万)を内から2馬身半追走。直線で楽々と並びかけてからも、鞍上は軽く仕掛けた程度だが、一気に突き放す。力感あふれるフォームを最後まで維持したまま、6ハロン82秒4―11秒9で3馬身先着した。「意外と速くなりましたけど、乗った人間は『余裕がある』と言ってました」と松永幹調教師は納得の表情。1週前に同コースで6ハロン81秒5と今週より負荷をかけ、今週はソフトな最終調整で仕上げた。

 女王は進化を続けている。追い切り日以外は坂路とCWコースを併用。CWコースはキャンターで2周するなど決して楽ではないメニューを消化しているが、馬体は前走時から20キロも増えた504キロ。「カイバもよく食べるし、イレ込んだりすることもない。本当に調整しやすい牝馬です」とトレーナーは幅が出て、成長を遂げた馬体を頼もしそうに見つめる。

 無敗の2歳女王にとってはあくまでステップレースだが、その先にある桜花賞、オークスの春2冠に向けて気を緩めることはできない。「追われる立場なので、今までとはちょっと違う。結果を求められるということは意識しています」。無傷のまま、クラシックロードを突っ走る。(山本 武志)

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請