テレ朝幹部「相棒」出演中の大杉漣さん悼む「杉下右京に絡んでいく大変、重要な役柄でした」

大杉漣さん
大杉漣さん

 テレビ朝日の角南源五社長(61)の定例会見が27日、東京・六本木の同局で行われた。

 同局の国民的ドラマ「相棒」に準レギュラー出演中だった俳優・大杉漣さんが21日に急死したことについて、同社長は「『相棒』、『緊急取調室』など、長年に渡り、多数の番組に出演いただき感謝しております。存在感のある演技が印象的でした。突然の訃報で驚くばかりですが、ご冥福をお祈り致します」と話した。

 編成担当の亀山慶二専務は「相棒」での今後について、「大杉さんは水谷豊さん演じる杉下右京に絡んでいく大変、重要な役柄でしたので、今後の対応は至急、検討しているところです。今後については、また決まり次第ご報告致します」と答えた。

 大杉さんは同ドラマに警視庁副総監・衣笠藤治役で準レギュラーとして参加。出演した第13話が今年1月24日に放送されていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請