高木菜那「最高の五輪に」優勝インタビュー直前にはキュートに前髪チェック

金メダルを獲得した高木菜那は笑顔を見せる
金メダルを獲得した高木菜那は笑顔を見せる
日の丸を掲げる高木菜那
日の丸を掲げる高木菜那

◆平昌五輪第16日 ▽スピードスケート女子マススタート決勝(24日、江陵オーバル)

 マススタート女子で初代女王となった高木菜那が優勝インタビューに応じた。前髪を気にしながら引き揚げてきた菜那は、インタビュー前にもカメラに向かってキュートなしぐさで前髪チェック。納得してうなずいてから、喜びの声を発した。一問一答は次の通り。

 ―初代女王ですが。

 「この種目が始まってから、銀だったり銅メダルだったり、表彰台に上がったことはあるが、金メダルという一番高い所に上ったことは今までなかった。最高の舞台で一番高い所に上れて本当にうれしい」

 ―オランダのスハウテンの後ろにずっとついていた。

 「オランダ勢が2人いたので、作戦的に2人で最後に仕掛けてくると思っていたので、イレーネ選手(スハウテン)の後ろにずっとついて、狙えるところで狙おうとずっと考えていた。

 ―これで2つ目の金。

 「本当は、1回目で佐藤(綾乃)が転んでしまったので、2人でワンツーフィニッシュを狙っていたが、佐藤の分まで金メダルを取りに行くぞという気持ちで。パシュートでメダル取れたので落ち着いてマススタートに臨めた」

 ―どんな大会だったか。

 「一番最初は悔いの残るレース(5000メートルで12位)で申し訳なかったが、残り2本で自分の最高の滑りができて、最高のオリンピックになった」

金メダルを獲得した高木菜那は笑顔を見せる
日の丸を掲げる高木菜那
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請