大杉漣さん出演中ドラマ「バイプレイヤーズ」、代役立てず続行

大杉漣さん
大杉漣さん

 21日に急性心不全のため急逝した俳優・大杉漣さん(享年66)の訃報から一夜明けた22日、テレビ東京は大杉さんが出演するドラマ「バイプレイヤーズ」(水曜・後9時54分=全5話)について、内容を大幅に変更して続行することを決めた。同局の小孫茂社長(66)が定例会見で「第4、5話も続けるよう、指示を出した」と話し、この日夕、主要共演者も集まって今後に向けての緊急会議が行われた。多くの仕事仲間がショックを隠しきれず、悲しみの輪は広がるばかりだ。

 大杉さんが亡くなる前日の20日午後9時まで撮影を行っていた遺作「バイプレイヤーズ」は、内容を大幅に変更しつつも“完結”させることになった。

 作品は全5話の予定で、亡くなった当日の21日に第3話が放送されたばかり。テレビ東京の長田隆編成局長はこの日の定例会見で「第4話は7割、第5話は3分の1まで撮影が終わっている。遺族や共演者の方のご同意も得た上で、なんとか放送にこぎ着けたい」と説明した。小孫社長は「第4、5話も続けるよう、昨日のうちに編成に指示を出しました」と前向きな姿勢を示した。

 長田局長は「具体的なことは申し上げられないが、今後の対応はこれから決める」と話すにとどめたが、関係者によると、会見後に主要な共演者とスタッフが集まり、悲しみをこらえ、緊急会議を行った。内容を大幅に変更して第4、5話を撮影し、予定通り28日、3月7日に放送する。共演の遠藤憲一(56)、田口トモロヲ(60)、松重豊(55)、光石研(56)とともに本人役で出演しており、代役を立てる可能性は小孫社長が「代わりを探す議論はあり得ない」と否定した。

 20日の大杉さんの様子について、浅野太プロデューサーは「(大杉さんは)いつも以上に元気だった」と振り返った。撮影後、松重らと4人で食事に出かけ、午後11時過ぎにホテルに戻ったという。その後、深夜0時に出演者同士のLINEで腹痛を訴え、松重に介抱されながらタクシーで病院に搬送された。21日午前3時53分の臨終は共演者4人、夫人らがみとった。同局の23日「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」(金曜・後9時)にもゲスト出演しているが、予定通り放送するという。

 ◆バイプレイヤーズ 日本の名バイプレーヤーが共同生活する姿を描いたドラマシリーズ。現在は第2期で、サブタイトルは「もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら」。テレ東朝ドラの主要キャストで出演する予定だった5人が、ロケ地を間違え漂流先の無人島でサバイバル生活を送るという設定で、話題を集めていた。大杉さんは最年長のため、リーダーのように慕われているという“役どころ”だった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請