【山形】FW瀬沼、2年連続開幕弾「狙っていきたい」 25日に水戸と開幕戦

華麗なトラップを見せた瀬沼(右)
華麗なトラップを見せた瀬沼(右)

 J2モンテディオ山形のFW瀬沼優司(27)が22日、2年連続の開幕ゴールを誓った。

 25日にアウェーで水戸と開幕戦を戦う山形はこの日、千葉・市原市内で練習を実施。昨季の開幕戦では京都を2―1で下し、8季ぶりの白星発進をしたが、その試合で先制弾を決めたのが瀬沼だった。「自分がゴールを取ることで、チームの勝利に近づける。狙っていきたい」と連続開幕弾に意欲を見せた。

 春季キャンプでは、体調不良のため、一時的に全体練習から外れた時もあったが、現在は上り調子で、22日の紅白戦でも右ウィングで出場し、シュートも数本打った。「もう、コンディションは問題ない。自分が(開幕戦に)出たら、ゴールでチームに貢献したい」。背番号10は、力強いスプリントと弾丸シュートで水戸のゴールを脅かす構えだ。

 昨季、リーグ戦での目標を15ゴールに定めたが、チームプレーに徹したこともあり9得点にとどまった。今季、改めて目標を15ゴールに置いた。「今年は自分がゴールを決めてチームを勝利に導く。責任感を持って、強い意思でプレーする」と自らの得点でチームを引っ張る思いだ。4季ぶりのJ1復帰に向けて、ゴールを量産する。(海老田 悦秀)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請