山口ひろみ、25枚目シングルは演歌と真逆の“演歌謡”「新境地を開いていきたい」

法被姿で新曲をPRする山口ひろみ
法被姿で新曲をPRする山口ひろみ

 演歌歌手の山口ひろみ(42)が20日、25枚目シングル「紅の雨」のPRのため、東京・港区の報知新聞社を訪れた。

 伊豆の修善寺温泉で別れの旅をする切ない女性の歌。演歌と歌謡曲を融合した“演歌謡”を掲げ「こぶしが利いた今までとは真逆で声を抑えて歌ってます。新境地を開いていきたい」。デビュー16年目。師匠の北島三郎から「去年は(愛馬の)キタサンブラックの年。今年は歌の年にするぞ」と激励され、「大ヒットを目指します」と力を込めた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請