羽生金、宇野銀の男子フリー中継、涙の抱擁で瞬間最高46・0%の高視聴率

フリーの演技を終え、歓声に応える羽生結弦
フリーの演技を終え、歓声に応える羽生結弦

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(23)=ANA=が金メダルを獲得した17日の平昌五輪フィギュアスケート男子フリーのNHK総合での生中継(後0時15分)の平均視聴率が33・9%を記録したことが19日、分かった。

 瞬間最高視聴率は試合終了直後の午後2時10分、金メダルが決まった羽生が泣きながらブライアン・オーサー・コーチ、銅メダルのハビエル・フェルナンデス(スペイン)、銀メダルの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=らと抱き合う場面で46・0%をマークした。

 なお、16日にTBS系で生中継された男子ショートプログラム(前9時半)の平均視聴率は13・2%。瞬間最高視聴率は午後2時12分、宇野の演技が終わってスローVTRが流れ、得点が出るまでの場面で27・6%をマークした。

 冬季五輪のフィギュアスケート中継では荒川静香さんが金メダルを獲得した2006年トリノ五輪女子フリー中継は、平均31・8%、瞬間最高43・1%を記録。浅田真央さんが銀メダルを獲得した10年バンクーバー五輪女子フリー中継は平均36・3%、瞬間最高46・2%。羽生が金メダルを獲得した14年ソチ五輪の男子フリー中継は平均16・6%、瞬間最高23・1%だった。

 昨年11月のNHK杯前日練習で右足首を負傷した羽生は、故障の影響を感じさせない滑りでSP首位発進。フリーは206・17点で2位となり、合計317・85点でディック・バトン(米国)以来66年ぶりの連覇を達成した。初出場の宇野は合計306・90点で銀メダル。冬季五輪では表彰台を独占した1972年札幌大会スキージャンプ70メートル級(笠谷幸生、金野昭次、青地清二)以来2度目の日本勢ワンツーフィニッシュとなった。(数字はビデオリーチ調べ、関東地区)

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請