羽生結弦、フィギュア男子66年ぶり五輪連覇達成!宇野も銀メダル

◆平昌五輪第9日 ▽フィギュアスケート男子フリー(17日・江陵アイスアリーナ)

 フィギュア男子66年ぶりの連覇がかかるSP首位の羽生結弦(23)=ANA=は22番滑走でフリーに臨み、206・17点をマーク。16日に行われたSPとの合計を317・85点とし、金メダルを獲得した。

 最終滑走したSP3位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=はフリー202・73点で合計306・90点で銀メダル。羽生は2大会連続の金メダルを獲得し、今大会日本勢の金1号となった。

 ▽男子シングル結果

 金・羽生結弦(ANA)=317・85点

 銀・宇野昌磨(トヨタ自動車)=306・90点

 銅・ハビエル・フェルナンデス(スペイン)=305・24点

 4位・金博洋(中国)=297・77点

 5位・ネーサン・チェン(米国)=297・35点

 6位・ビンセント・ゾウ(米国)=276・69点

 7位・ドミトリー・アリエフ(OAR)=267・51点

 8位・ミハエル・コリャダ(OAR)=264・25点

 ※スポーツ報知では号外を配布します。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請