「力を発揮できるのは応援があってこそ」…ユヅに聞く

笑顔で会見する羽生結弦
笑顔で会見する羽生結弦

◆平昌五輪第8日 フィギュアスケート男子SP(16日、江陵アイスアリーナ)

 フィギュアスケート男子のショートプログラム(SP)が行われ、同種目66年ぶりの2連覇を目指す羽生結弦(23)=ANA=が4か月ぶりの復帰戦で自身の世界最高得点まで1・04点に迫る111・68点でトップに立った。世界選手権2位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は104・17点で3位。日本勢の今大会金メダル1号へ、冬季五輪では1972年札幌大会スキージャンプ以来2度目の日本勢ワンツーフィニッシュへ、17日のフリーに挑む。22番滑走の羽生は午後1時43分、最終24番滑走の宇野は同2時に登場予定。

 ◆ユヅに聞く

 ―金メダリストの荒川静香さんが「フィギュアは穴が開いているバケツに練習という水を注ぐようなこと」と言っていたが?

 「穴は開きっぱしだと思う。っていうか、底がないバケツでしょうか。メンタルがそんなに強いわけではないし、むしろフィジカル的にはけがが多かったり、風邪も多かったりいろいろしている。そういった中でこうやって試合で力を発揮できるのは皆さんの応援があってこそ。そして、僕がそれに応えようと思えるからこそ」

 ―大量のプーさんがリンクを埋めた。いつもどうしている?

 「毎回やっていることだが、現地の方に寄付している。もらったものを寄付するのはどうかと思われる方も、ファンの中にはいると思う。でも気持ちはたくさん頂いているし、試合が終わって、とても幸せな気持ちになれるので本当に感謝している」

 ―今回はティッシュケースのデザインがケーキだが?

 「スポンサー的な問題があって、黄色いクマを持ってくることができなかった。ただ前回のソチ五輪同様にホテルの部屋に連れてきて、昨シーズン同様、頭をつかんで『行ってくるよ』っていうようなしぐさはやっている(笑い)。彼もすごい応援してくれていたと思う。ケーキは実はあの上にプーさんと(プーさんに出てくるキャラクターの)ピグレットが付いていて、それを取った」

 ―明日は?

 「今日やるべきことをしっかりやれたと思っているし、今回の試合は演技が日中に終わるので、フリーまでに時間がある。今日できることはこれからご飯をいっぱい食べてしっかりと寝て、明日につなげること。しっかりと回復したい」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請